東京駅『鳴門金時本舗 栗尾商店』で芋の甘みがつまったお菓子「角 和三盆」買ってみた!

グルメ

東京駅構内「グランスタ東京」にある『鳴門金時本舗 栗尾商店』に行ってきました。

四国・徳島発、高級さつま芋として知られる「鳴門金時」を使った芋菓子の専門店。
糖蜜に漬け込んだ鳴門金時をダイス状にカットしたお菓子『』など、こだわりのさつま芋菓子が人気なのです。

今回は一番人気の『角 和三盆』を買って食べてみましたのでレポートします。ぜひ参考にしてください!

お店の場所は東京駅改札内「丸の内坂エリア」の一角!

お店があるのは、東京駅の商業施設「グランスタ東京」のB1F。
丸の内地下中央改札近くのお土産物の店が固まっている「丸の内坂エリア」の一角にあります。

改札内なので、電車の乗り換え途中にも利用することが出来ます。電車に乗らない人は入場券を購入して構内に入りましょう。

周囲には『ヒトツブカンロ』『ザ・メープルマニア』『アイボリッシュ』など人気のお土産物屋さんが集結していて、どれを買おうか迷ってしまう感じが楽しいゾーンです。

種類豊富な芋菓子のメニューラインナップ

ショーケースにはいろいろな種類のさつま芋菓子がずらり。
中でも、鳴門金時をダイス状にカットして糖蜜に漬け込んだお菓子『』が一番の定番商品。

しかもこの「角」は、

◆ 和三盆
◆ 柚子
◆ 炙り
◆ 胡麻
◆ 塩
◆ きな粉
◆ 珈琲
◆ 梅
◆ 醤油
◆ カラメル
◆ 塩昆布

と全部で11種類もあるんです!
お値段はすべて9個入 756円。

さらに芋きんつば『』、芋を固めた長細い形の菓子『』、冷やしても美味しい創作菓子『』、和風スイートポテト『』なども販売。

さらに二種類の「角」がセットになった『角セット』、「角」と「渦」と「滴」がセットになった『売れ筋セット』などの詰め合わせもあります。

詳しいメニューラインナップと値段は公式サイトにも記載があるのでそちらを参考にしてみてください。

「角 和三盆」を実食してみた!

今回は「角」の中でも最もスタンダードで売れ筋の商品『角 和三盆』(756円)を購入してみました。

箱がすごく高級感があって手土産向きって感じですよね。

箱を開けるとこんな感じ。
9個にカットされたダイス状の芋菓子がパックに入ってます。
楊枝つき。

写真を撮るためにわざわざ一個一個出して並べてみた(笑)。
整然と並ぶ芋ってかわいいやん?(笑)

カットした鳴門金時を最高級砂糖「阿波和三盆」に漬け込んでいるとのことで、まさしく黄金色にキラキラ輝いてますよね。

そしてところどころ皮がついてたり、機械で切ったのではない感じの粗雑なランダム感が逆に良いです。

食べてみると砂糖と蜜の味はほどほどに、さつま芋本来の甘さが強く出ているイメージ。
お茶にもコーヒーにもよく合いそうな感じです。

そしてふにゃんと柔らかい感じではなくて、ほっくりとした微妙な歯ごたえがあるのが他の芋菓子とは一線を画しているポイントのような気がします。
小さくて手を汚さずに手軽に食べられるのもよいですね。

今回は一番スタンダードなのをチョイスしましたが、他のお味も気になります。
「塩」とか「醤油」とか、しょっぱい系のフレーバーにすると、また全然印象が違うのかな〜?

まとめ

  • 東京駅グランスタ「丸の内坂エリア」にある芋菓子の専門店!
  • ダイス状にカットした芋菓子「角」のほか、芋きんつば、和風スイートポテトなど多彩なラインナップ!
  • 「角 和三盆」はさつま芋本来の甘みを損なわない味わいが魅力!ほっくりした歯ごたえもポイント!

芋菓子は結構女性受けすると思うので、女性へのお土産や手土産におすすめですよ。

店舗情報

所在地東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅構内 グランスタ東京B1F 丸の内坂エリア
営業時間(月〜土)8:00〜22:00
(日・祝)8:00〜21:00
定休日施設に準ずる
公式サイト鳴門金時本舗 栗尾商店

営業時間、定休日、メニューなどの情報は変更となることがあるので、お出かけの際はあらかじめ公式サイトなどを確認していただけると助かります。

カテゴリーCATEGORY

記事検索SEARCH

SNSFORROW ME!

著者紹介PROFILE

ツムグ

愛知県名古屋市出身。
東京都内を街巡りしながら情報発信中。
ラーメンとかガッツリ系飯が好きなのにおしゃれなカフェとかパン屋さんとかスイーツにも目がない系男子。

HOME

PAGE TOP