池袋・サンシャイン60展望台『てんぼうパーク』行ってきた!見どころ・チケット料金等まとめ

観光・お出かけ

池袋「サンシャイン60」にある展望台がリニューアル!『てんぼうパーク』として2023年4月18日にオープンしました。

サンシャインシティ開業45周年に合わせて生まれ変わった展望台のコンセプトは「新たな眺望体験を提供する空の公園」。アウトドア感覚で芝生の上で寝転がったりしながら景色を眺めることが出来るんです。

早速足を運んでまいりましたので、見どころと共に、アクセスやチケットの料金、カフェのメニューの情報などまとめていきます。ぜひ参考にしてください!

アクセス方法と営業時間

てんぼうパークへの行き方は?

てんぼうパークは、池袋「サンシャインシティ」内『サンシャイン60ビル』の60Fにあります。

電車でのアクセスはJR・東京メトロ・西武線・東武線「池袋」駅から東へ徒歩8分程度。
東京メトロ有楽町線「東池袋」駅からだとさらに近く、徒歩3分程度で到着します。
「東池袋」駅からは地下通路で直結しており雨でも濡れずにアクセスできるため非常に利便性が高いです。

くわしくはこちらの記事を参考にしてください↓

1Fから60Fまで直通する専用エレベーターで行くのが一番早いです。
専用エレベーターはなんと分速600m!60Fまでわずか35秒で到着するんですよ。

Googleマップはこちら↓

営業時間・休館日など

営業時間と休館日は以下のとおりです。
(※変更となる場合があるので、お出かけの際はあらかじめ公式サイトなどを確認していただけると助かります)

所在地東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ サンシャイン60ビル60F
営業時間11:00〜21:00
※最終入場20:00
定休日なし
公式サイトてんぼうパーク

海抜250mの高さから眺める絶景!

サンシャイン60といえば1978年に当時国内で最も高いビルとして誕生。
その最上階である60Fから眺める絶景は今もなお健在です。

展望台の入口の壁にはフロアマップと、それぞれの位置から見える景色などが示されています。

海抜250mの眺め!
すぐお隣にある『サンシャイン水族館』の屋外フロアを真上から覗けてしまいます!

池袋駅もご覧の通り一望出来ます。
なんだか街のビル群がジオラマのように見えてきますね。

こちらは新宿方面の眺め。

東の方向には『東京スカイツリー』も見えました!
向こうからもこっちが見えるのかな??

晴天の空気が澄んでいる時には富士山も見えるそうですよ。

芝生やベンチで過ごすのんびり空間

今回のリニューアルの最大の目玉ともいえるのがこの『てんぼうの丘』ゾーン。
人工芝が敷かれた公園のような空間に、季節の花々を中心とした植栽が彩りを添えます。

芝生は小高く盛り上がっていて、大人ならひょいっと登ることが出来ますが、小さなお子さんにはとっては這い上がる必要があるためわくわく感もひとしおでしょう。

窓のすぐ下まで芝生が来ているので、腰掛けて景色が見られるのも斬新。

人工芝の上はレジャーシートを敷いて座ったり寝転がったりしてもOK。
天井に雲のような形でミラーが設置されている空間デザインも面白いですね。

風景を楽しむ仕掛けはこれだけではありません。
こちらのモザイクミラーは外と中の風景が上下反転して映り、不思議な感覚に陥ります。

天井から吊り下げられたブランコ型のベンチ。
カップル向けですかね??

ベンチの種類は実にさまざまなで、ネット状のユニークな丸いベンチや・・・

こんな感じの白いふわふわしたベンチもあります。
風景をぼんやり見ている間に眠ってしまいそう…。

このアウトドア風テーブルにはなんと真ん中に焚き火が!

実はこれ本物の火ではないんです!水蒸気で出来ているので触っても熱くありません。
ゆらゆら揺れる炎を見て癒されること間違いなしです。

「てんぼうパークカフェ」でスムージー飲んでみた!

「てんぼうの丘」ゾーンに隣接した位置に『てんぼうパークカフェ』が設置されています。
こちらではドリンクやフード、デザート類を提供。周辺にあるテーブルや椅子に座っていただくことが可能です。

外の景色を眺めながら飲食できるカウンターもあります。一人で利用している人も結構いました!

メニューはスムージーやソーダ、レモネードなどのドリンク類、ソフトクリームやパフェ、ケーキなどのデザート類など。
フードはカレーとバインミーがあります。

全体的に空をイメージしたメニューや、アウトドアをイメージしたメニューが多いかな?

ということで『てんくうスムージー』(800円)をオーダーしてみました。

空をイメージした水色のスムージー。さらにふわふわの雲のようなホイップクリームがのって、カラフルなおいりまでトッピングされたファンシードリンクです。

飲んでみると想像以上に甘い!(笑)
爽やか系を想像していたのですが、バナナ味でなめらかな口当たり。中にもホイップクリームが入っているようで、かなりデザート系です。

青い色はスピルリナで色付けしているそうですよ。

チケットの料金は?

展望台のチケット料金は、時期により料金が変動するシステムとなっています。
平日は比較的安いですが、大型連休中などは少し高めになる点に注意です。

通常チケット料金
・大人(高校生以上)・・・平日 700円 休日 900円 繁忙期 1,200円
・こども(小・中学生)・・・平日 500円 休日 600円 繁忙期 800円
・未就学児・・・無料

また現地のチケットカウンターで購入するよりも、WEBから事前購入した方が断然おすすめです!
チケットカウンターは並び列が出来がちですが、WEBチケットを購入すれば並ばず入場することが可能。また日時指定もできます。

入場時には入口で二次元コードを提示するだけで簡単に入場することが出来ますよ。

WEBチケットは入場日1週間前の0時から購入可能。支払い方法はクレジットカードやPayPayなどが使えます。
詳しくは公式サイトのチケットのページを参照してくださいね。

→チケット・料金|サンシャイン60展望台 てんぼうパーク

まとめ

  • 海抜250mから眺める絶景は健在!スカイツリーや天気の良い日は富士山も見える!
  • 芝生や植栽に囲まれた公園のような空間!座ったり寝転んだりしてのんびり過ごせる!
  • 併設のカフェではドリンクやフードが食べられる!空色のスムージーは実はバナナ味!

ファミリー層で楽しみやすい方向性のリニューアルではありますが、一人で行っても十分楽しめると思いますよ。
夜になるとまた雰囲気が変わるらしいのでまた行ってみたいです!

その他の池袋周辺のおすすめ観光スポットはこちらをチェック↓

カテゴリーCATEGORY

記事検索SEARCH

SNSFORROW ME!

著者紹介PROFILE

ツムグ

愛知県名古屋市出身。
東京都内を街巡りしながら情報発信中。
ラーメンとかガッツリ系飯が好きなのにおしゃれなカフェとかパン屋さんとかスイーツにも目がない系男子。

HOME

PAGE TOP