大久保『spicy curry 魯珈』が移転!ろかプレート食べてみた。記帳方法も解説

グルメ

大久保にある『spicy curry 魯珈(ろか)』に行ってきました。

東京を代表するスパイスカレーの名店。過去には「情熱大陸」など数々のテレビ番組にも登場しており、朝早くから記帳のために大行列が出来るほどの人気ぶり。2023年6月には以前の店舗のすぐ近くに移転オープンを果たしました。

今回は実際に足を運び名物「ろかプレート」などを食べてみたので味の感想をお伝えするとともに、アクセスやメニュー、記帳の方法などについてもレポート形式で解説いたします。ぜひ参考にしてみてください!

お店の場所と行き方

「spicy curry 魯珈」の場所は新宿区・百人町の「北新宿百人町」交差点の北東の路地沿い。

最寄り駅はJR中央線「大久保」駅で南口から徒歩1分。
またJR「新大久保」駅から徒歩5分、「新宿」駅からも徒歩11分程度で到着するので都合の良い駅から行くといいと思います。

詳しい場所はGoogleマップで確認して下さい↓

お店は「新宿タウンプラザビル」というレンガ造りの建物の半地下階にあります。
建物は西側と東側のどちらからも入れるようになっていますが、記帳の際は東側から入るのがおすすめ。なぜかというと、記帳の列が店舗入口から東方向に伸びるからです!

店内はL字型のカウンター席6席のみです。店主の方との距離感も近くすごくいい雰囲気!

営業時間・定休日など

営業時間と定休日は以下のとおりです。
(※変更となる場合があるので、お出かけの際はあらかじめ公式サイトなどを確認していただけると助かります)

所在地東京都新宿区百人町1-24-8 新宿タウンプラザビル
営業時間<月・水・金>
11:00~15:00
<火・木>
11:00~14:00
17:00~20:00
定休日土曜日・日曜日・祝日
※その他不定休あり 詳しくは下記公式Instagramを確認してください
公式サイトspicy curry 魯珈(Instagram)

記帳の方法を解説

店内飲食利用は完全記帳制となっており、飛び込みでの利用や事前の予約などは出来ません。

昼の部(11:00〜)の記帳は9:30から、夜の部(火木のみ 17:00〜)の記帳は16:00から開始となり、記帳のために店頭に並ぶ必要があります。

ただし常に長蛇の列が出来るため、記帳開始が10分〜15分程度前倒しになることが多いようです。

参考として自分は今回昼の部の記帳のために8時55分頃から並び始めたのですが、20人以上の先客がおり結局13:40〜の回に記帳が出来ました。
30分前から並んでも14時前の回しか取れないので、もっと早い時間帯に食べようと思うとそれ相応に早い時間から並ぶ必要がありそうですね!

メニューは?

カレーは定番の「魯珈チキンカレー」「ラムカレー」「クリーミィ野菜コルマカレー」のほか時期によって変わる限定カレーを提供。

それらを単品や2種盛りで食べられるカレーのほか、魯肉飯と一緒に食べられる「ろかプレート」などが主なメニューです。

価格はこちら↓

・ろかプレート・・・1,050円(ラムカレーと限定カレーは+100円)
・魯肉飯・・・850円
・選べる2種カレー・・・950円
・魯珈チキンカレー・・・800円
・ラムカレー(ビンダル風)・・・900円
・クリーミィ野菜コルマカレー・・・800円
・限定カレー・・・900円〜

・ぷちサラダ・・・150円
・ぷちカレー各種(ルーのみ)・・・300円〜

・ライス大盛り・・・100円
・るうろう煮玉子・・・100円
・肉ダブル(魯肉飯)・・・350円

「ろかプレート」を実食してみた!

今回は『ろかプレート』(1,050円)をオーダー。カレーは『魯珈チキンカレー』をチョイスしました。

ボリュームは少なめですが華やかな見た目。玉ねぎのアチャール、サラダ、日替わりの副菜、マスタードオイル高菜がついてきます。

中央にこんもりと盛られた魯肉飯。トップに煮卵が鎮座していますね。

チキンカレーはトマトと玉ねぎベースでさらっとジューシーな口当たり。
そこにさまざまなスパイスの味わいが我が我がと前面に出まくります!ガッツリ辛くて即座に汗がにじんできました。これはいいスパイス食。

ごっそりと大ぶりのチキンの食感も良いです。

魯肉飯はあきたこまち使用のサフランライス。非常に華やかな香りが漂います。
上にのっている豚角煮は甘めの味付けで非常にとろ〜んと柔らかい!

最終的には副菜も含めてこれらを全部まぜまぜ〜としてから食べるのが推奨!
魯肉飯とスパイスカレーがここまで合うとは!組み合わせが妙が素晴らしい一皿でした。

限定カレーもぷちサイズでいただいてみた!

せっかくなので限定カレーもいただいてみました。
カレーは小さい器でルーのみ1種類で「ぷちカレー」としてオーダーできるので、『タコとズッキーニと豆のトマトカレー』(400円)をぷちサイズでいただきます。

夏野菜のズッキーニに加えてトマト、豆、タコを具材にした爽やか感高めなカレー。
比較的食べやすいカレーなのかな…?と思いきやガッツリ辛い!チキンカレー以上の辛さです(汗)。

タコと豆の食感も良い感じ。スパイス摂取でスタミナアップという意味では夏向きなのかも?(笑)

すっかり汗だくになりました!期間限定の個性的な味わいのカレーを楽しめるのも何度も訪れたくなる魅力の一つだと思います。

まとめ

  • 大久保駅近くにある大人気のスパイスカレー店!2023年6月に移転オープン!
  • 店内飲食は完全記帳制!昼の部の記帳は9時30分開始だが早めに並び始めるが吉!
  • ろかプレートはスパイスカレーと魯肉飯の組み合わせが予想以上に合う!

記帳で並ばなければいけない上に平日のみの営業とかなりハードル高めですが、スパイスカレー好きを自負する人なら一度は訪れてほしいお店。スパイスのインパクトにきっと驚きますよ!

営業時間、定休日、メニューなどの情報は変更となることがあるので、お出かけの際はあらかじめ公式サイトなどを確認していただけると助かります。

カテゴリーCATEGORY

記事検索SEARCH

SNSFORROW ME!

著者紹介PROFILE

ツムグ

愛知県名古屋市出身。
東京都内を街巡りしながら情報発信中。
ラーメンとかガッツリ系飯が好きなのにおしゃれなカフェとかパン屋さんとかスイーツにも目がない系男子。

HOME

PAGE TOP